市場というのはいつも予想外の動きをするものですが、最近のFX市場もやはり予想外といってもいい動きをしています。
新しい政権が誕生してからは急速に円安がすすんでいて、これほど早くに円安になるというのはなかなか想像できませんでした。
特にそれまでは急速に円高が進んでいて、昔の政権が為替介入までして円安に誘導しようとしてもすぐに円高になってしまうような状況でした。
それだけ米国や欧州の金融緩和がすすんでいたのだと思ったのですが、新しい政権ができただけで一気に円安に動きました。
そのおかげで、損失がでていて、なかなか収益にならなかったのが、若干ですが、プラスに変わりました。
新しい政権では強力に金融緩和が推進されるのではないかという期待によってここまでは円安になりましたが、今後は実態がもとめられるようになることが考えられます。
期待で動いた相場は実体がともなわなければ、元にもどることもよくありますので、これからを注視する必要がありそうです。