FX取引は、株取引に比べるとメリットが多いと思っている人が多いのではないでしょうか?
FX取引が24時間できることが、デメリットではないでしょうか。
FX取引は、少額から始められることもあって少ない資金で大きな取引ができる(レバレッジ)というのもメリットの一つに挙げられています。
しかし、デメリットにもなりかねません。
損失が出た場合は、それにもレバレッジがかかってしまって、証拠金を払わなければなりません。
FX取引はに比べると取引の方法もいろいろと便利ですが、
FXにもそれなりにデメリットはありますからきちんと理解しておいた方がいいかもしれませんね。
FXの取引業者は「マージンコール」「ロスカット」というルールを用いています。
「ロスカット」とは。
証拠金が損失を被り一定の割合になった場合。
さらなる損失を抑えるために、自動的に決済されてしまいます。
取引業者のレバレッジ、証拠金、コース設定などによって違います。
「マージンコール」とは、証拠金が損失を被り一定の割合を下回った場合、取引業者から発せられる警告です。
取引業者により割合は異なります。
みなさんも、FXを勉強なさって、取引を覚えてみませんか?